HOME>常盤台エリア>常盤台で観光するなら

歴史ある感情に触れられる

板橋区の常盤台エリアに足を運べば、神社を始めた厳かな雰囲気のあるスポットが楽しめます。常盤台には古くに建てられた神社が多くあり、歴史を感じる景観を楽しむ人やご利益を求める人が多く訪れています。有名なのが「天祖神社」で、日本神話の天照大神を御祭神にしているのが特徴です。そのほかにも、倭健命(やまとたけるのみこと)を祀った「御獄神社」など、常盤台では著名な神格が多く祀られています。神社だけでなく、その外に安置された地蔵も観光スポットの一部です。その中の「平安地蔵」は、昭和20年の空襲の犠牲者を供養するため、地元の有志が平和の願いとともに建てました。そのほか、「子育て地蔵」として祀られる地蔵は、子供を丈夫に育ててくれると言われています。子供が風邪や麻疹を患った時にこの地蔵に祈ると治るという伝承があり、子供の守り神とされています。子供がいる人は、願掛けのために子育て地蔵に会いに行くのもいいでしょう。常盤台の歴史を感じさせるスポットは、神社ばかりではありません。有数の美術館として知られる「日本書道美術館」があり、書道家の作品や漆芸などの伝統工芸品が鑑賞できます。展示されている作品は5000点以上もあり、ずらっと並んだ作品は一目見ればとても壮観に映るでしょう。作者が込めた感情など、想像を膨らませながら楽しめることも魅力です。景観や作品から日本の歴史を顧みたい、そう思ったら一度常盤台へ行ってみるといいでしょう。

新着記事リスト