HOME>志村エリア>薬師の泉庭園でほっと一息

東京でも植物や湧水を体感できる

薬師の泉庭園は板橋区の小豆沢にあるこぢんまりとした庭園です。志村坂上駅を降りて案内に従って進み、古風な門をくぐり階段を降りると、大きな池を囲むように植えられた花や木々が出迎えてくれます。庭園には四季折々の植物が植えられており、春には桜、秋には紅葉が遊歩道の脇を彩ります。また、夏には青々とした木々が強い日差しを遮り、木漏れ日を浴びながら庭園を散策できます。他にも夏はアジサイ、秋はススキなど、とにかく多くの種類の植物を目にすることができるので、子どもでも楽しむことができるでしょう。中にベンチも設置されているので、散策した後はベンチに座って庭園をじっくり眺めることもできます。薬師の泉庭園は名前にも入っている通り、泉も見どころの一つです。江戸時代、この場所には大善寺というお寺が建っていましたが、泉はその頃から湧き続けています。大善寺の境内で湧いていたこの泉は、当時徳川吉宗も見事だと褒めたという逸話があります。庭園も江戸時代当時のものがそのまま再現されています。特に暑い夏は、池や植物を眺めつつ冷たい泉に触れることで気分がリフレッシュすること間違いなしです。薬師の泉庭園の周辺には大型のショッピングセンターが建っているので、庭園に寄ったついでに買い物を済ませたり、買い物した後に庭園で一休みするのも良いでしょう。東京でも植物に囲まれたり湧水を触れることのできるこちらの庭園、入場料は無料ですので是非気軽に立ち寄ってみてください。

新着記事リスト